アストロ 中古車/アメ車 中古販売/埼玉・東京

トップページ | アメ車中古車 シボレー(GM) アストロの人気と魅力

アメ車中古車 シボレー(GM) アストロの人気と魅力

シボレー アストロ [CHEVROLET ASTRO]

日本において《ミニバン》の代名詞とも言われたアストロ。
1985年にデビューし2005年にはその生涯を閉じ、
現在では生産されてません。
ヤナセでの取り扱いは1993年からですが、雰囲気タップリな独特なスタイルや、各メディアでの紹介などにより、日本でも大ブレイクし、
一時は年間に1万台近くも輸入されてました。ただ、その大多数が並行輸入車でその名残か、現在の日本における中古車物件にも
多く存在します。

当社では信頼性の問題からも1999年以降の正規物(角型2灯ライトになったモデル)を中心に取り揃えます。

本来、日本で言えば商用車、ロールーフで豪華さなどは無いアストロ。
ところがアメリカには多くのコーチビルダーが存在し、ルーフをFRP製のハイルーフに変更し本革シートやウッドパネル、更にはシャンデリアなどの装飾を施したコンヴァージョンモデルも多く存在します。ただコピーものも多く出回っていますのでご注意を。

静かでパワフル、クセもなく扱い易い

実はそこまで大きくないボディ。全幅こそタップリしてますが、全長はそれほどでも無いんです。勿論、通常の車庫スペースにキッチリ収まります。優秀なボルテクスV6エンジンを搭載し走りもいい。静かでパワフル、クセもなく扱い易い。
駆動方式は基本でもあるFR。更にAWD(4WD)車の設定もあり、オフロードでも安心。シンプルな構造も助け、ツボを押えたメンテで意外にラクに維持できます。

ノーマルでも充分カッコいいですが、 アストロと言えば
やはりオリジナルカスタム。当社自慢のハイクオリティNewペイント(各色OK)など、各種オプションパーツも完備。
全車ガッチリ整備施工後の万全の状態でお届けします。

このページの先頭へ戻る